新築住宅購入でローンを組む人がほとんど

新築住宅を購入する人の多くは住宅ローンを組んで購入するのですよ。新築住宅の購入金額は全国平均でも3000万円前後ですので、3000万円ものまとまったお金を一度に出せる20代から40代の家庭も少ないですよね。そこで住宅購入額の8割から9割はローンで購入することが多いのです。頭金は0円の場合もありますが、最低でも200万円以上は出す家庭が多く、平均しても500万円から600万円は出している家庭が多いのです。

無理してローンを組む人もいる

ローンを組む場合は、賃貸住宅に住んでいた頃の家賃を超えなければいいと考え、無理してローンを組み、何とか賃貸住宅の家賃の分と同じぐらいの返済額にします。ですがこれっておかしいですよね。賃貸住宅の家賃と同額であれば賃貸を借りた時よりも家を購入したときのほうが出費が多くなるはずです。何故なら、一戸建て住宅は通常土地も買いますので、毎年固定資産税がかかるからです。年間で10万円以上かかる家庭が多いのではないでしょうか。また、修繕費も忘れてはいけません。

色々なことを予想してローンを組むべき

もし、ローンの毎月の支払額が今まで払ってきた家賃と同額であれば、それは見直したほうがいいということですね。なんだか知らないけども賃貸の時よりもお金が減っていくぞと感じるかもしれません。また、恐ろしいのは自分が勤めている会社の経営が悪化した時です。2009円頃一気に不況の波が来た時にはローンが返せなくなり家を売り渡した人が続出したということです。特に、ローンをボーナス払いで払っている人は注意が必要です。ボーナスがカットされたらそれこそジリ貧状態になるのですから。

草加市で新築一戸建てを希望している方は、必ず満足することができます。工務店の数が豊富ですから、納得できるところに申し込めます。

Categories: 未分類

Comments are closed.