外装塗装は24時間働いている

私達が普段家の中で生活をしている時、たくさんの色んなものから守られていることを意識したことはありますでしょうか。家はもちろん壁や屋根があるので雨風をしのいでくれるています。ですが、雨や風のほかにも紫外線といったものなども含まれています。そして、実際に雨や風に紫外線といったものから守っているのは、1ミリにも満たない外装塗装なんですよ。私達の仕事は昼間が基本で、夜は寝て休みますが外装塗装はそういうわけにはいきませんよね。昼夜問わずずっと働き続けているので、やがてはがれたり劣化してきてしまうのは仕方ないことでです。

外装塗装にだって寿命がある

外装塗装は塗られてから24時間家や、家に住んでいる人たちを守り続けています。ですが、やはり外装塗装にも寿命というものがあります。新築を立てた際に塗る外装塗装の場合の寿命では、平均して大体5年から6年程度になります。最近新しく開発されてきている、フッ素樹脂を使用している塗装なのであれば15年前後程度となっています。もちろん外装塗装だけでなく、家自体にも寿命があり住宅全体では大体30年ほどです。その為、家自体を守るためにも外装塗装のリフォームは必要になってきますよ。

リフォームすることで外装塗装復活

外装塗装の寿命が過ぎてもそのまま使用し続けると、塗装は剥がれ雨や風や紫外線が直接家にあたることになります。すると壁にカビが生えたり腐ったり、屋根からは雨漏りしたりと家自体の寿命を縮めることにもなるでしょう。その為、外装塗装のリフォームは大切にポイントですね。寿命年数が近づいてきたら、しっかりと外装塗装を新たに塗り替えるリフォームをするようにしましょう。リフォームすることで外装塗装の寿命は復活し、また力強く家や家に住む人たちを守ってくれるでしょう。

すぐれた職人の腕と塗料がそろい、顧客の要望に合った塗料の知識と特徴を提供しています。外壁塗装なら鎌ヶ谷です。

Categories: 未分類

Comments are closed.