まずは筆記用具とメジャーを忘れずに!

賃貸のお部屋を見に行くなら、必ず持っていきたいのが筆記用具とメジャー。室内の寸法を測ったり、気になった点をメモしましょう。気に入ったお部屋にいざ引越しとなった時、大切な家具が入らなかった…なんて事にならないように、しっかりと確認することが必要です。また、スマートフォンのカメラなどでお部屋を撮影しておくのも良いですよ。人の記憶は案外当てにならないものですから、後でいくつかの物件を比較する際に、画像があると役に立ちます。

意外なアイテム?方位磁石を持って行こう

次に持っていきたいもの、それは方位磁石です。何のために持っていくのかと言いますと、当然、お部屋の向き・方角を確かめるためです。意外に思われる方も多いかと思いますが、ごく稀に部屋の向きが見取り図と違っていることがあるんです。「南向きの部屋のはずなのに、住んでみたら西向きだった」と言う事が、実際にあり得ます。実は、通常の見取り図には「現状優先」との注意書きがあり、現実のお部屋と見取り図が違っていても、不動産屋さん側の責任は問えないのです。

これで安心!ビー玉で床チェック

最後におすすめしたいのが、ビー玉です。お部屋の真ん中にそっと置くことで、床がどの程度傾いているかを確認できます。室内の傾きは、そこに暮らす人の健康に影響すると言われていますし、そうでなくても傾いた部屋は何となく落ち着かないもの。普通に部屋に入っただけではなかなか気付きにくいものですから、ビー玉の転がり具合でしっかり確認しましょう。もちろん、ビー玉以外でも、丸くて転がりやすいものなら何でもOKです。

一戸建ては木造で造られていますが函館市の賃貸マンションは鉄筋んコンクリートで造られているので木造で造られている一戸建てよりも強度があり頑丈です。

Categories: 未分類

Comments are closed.